01/05/27 「ABBA スウェーデン語版CD」

ABBAスウェーデン語版CD

 2001年3月、スウェーデンへオーロラを見に行った。ちょうどその頃、日本では深田恭子主演の 「S.O.S.(ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ)」 というTVドラマをやっていて、その主題歌のABBAの「S.O.S」や「チキチータ」がリバイバルヒットしていた。
 スウェーデン出身の4人組のABBAというグループ、若い人には新鮮にうつるだろうが、自分にとっては懐かしのグループである。中学の時、合唱コンクールで歌ったのが「チキチータ」、1979年だと思う。
 我々が知っているのは英語の歌であるが、スウェーデン語バージョンのCDがあるかもしれないと思い、ストックホルムの空港で探した。店員にも手伝ってもらい、見つけたのが左の1枚。
 チキチータは入っていないが、S.O.Sのスウェーデン語バージョンを聞くことができる。ちなみに、S.O.Sの部分は、スウェーデン語でも同じく、「エス・オー・エス」であった。

 

01/05/27 「わさび茶屋」

 出張等で海外の知人と会う場合、日本からの土産を買うことがあり、最近、好評だったものに「わさび茶屋」という豆菓子がある。寿司が海外に広まったため、わさび(WASABI)という言葉も知っている外国人が多い。
 海外の寿司屋ではわさびが苦手な人に配慮して、さび抜きが標準で、わさびが必要な人は、わさび醤油で食べることになる。日本のカレーの店でマイルドな辛さで出されて、さらに辛くしたい人はテーブルにある辛さスパイスを追加するような感じだ。わさびが苦手な外国人は多いが、ツーンとくるのがやめられない人も多いようだ。
 
最初、成田空港の第2ターミナル(出国手続き後、免税店)で見つけたのだが、アメ横の菓子屋でも売っているのを見つけた(アメ横の方が安い)。春日井製菓の製品で、一般の店ではグリーンピースのわさび版は見かけるが、そら豆とグリーンピースの両方ある「わさび茶屋」はまだ見たことがない。「Kasugai」の表記があり、主に海外向けに輸出しているようだ。実際、香港の「優の良品」で右の写真の三角の袋入りのものを見た。
 左の写真のようにカップ入りのものや右の写真の個別包装したものがたくさん入った袋詰めのものがある。
 わさびの辛さに耐えられる舌と熱い風呂に耐えられる皮膚、これは外国人に比べて日本人が負けない部分だといろいろ旅行をして思う。

カップ版わさび茶屋

 わさび茶屋


Back   Home

Copyright (C) 1998-2001 Nobuo Namekawa All rights reserved.