エルサレム(1)

一部の写真はクリックすると大きくなります。
拡大後はブラウザのバックで戻ってください。


オリーブ山から見たエルサレム

オリーブ山から見たエルサレム

オリーブ山から見たエルサレム、絵葉書などでもよく目にする景色。西を向いており夕方が最高。ローマのピンチョの丘を思い出させる。細い急な坂道を登らなければならず、タクシーを使った。ただし、タクシーも強気なので、なかなかディスカウントに応じてくれない。多少ぼられてもここは我慢。こういう時一人旅はつらいな〜と思う。黄金のたまねぎは「岩のドーム」というイスラム教のモスク、青いタイルも美しい。中にムハンマドが昇天した岩があるそうだ。このイスラム教の聖域への入場には時間制限があり、何回か行こうとしたのだが、警官に「クローズ」と言われ、結局ドーム内には行けなかった。左奥のドームは聖墳墓教会。

(写真拡大可)

ダマスカス門

ダマスカス門

エルサレムの旧市街は1辺約1km、ほぼ正方形の城壁で囲まれている。その中にユダヤ人、クリスチャン、ムスリム(イスラム教徒)、アルメニア人それぞれの地区が存在する。8つの門(Jaffa, New, Damascus,Herod,Lion,Golden,Dung,Zion)がある。これは北側のダマスカス門、この門の城壁の外にアラブバス・ターミナルがあり、ヨルダン川西岸地区にあるベツレヘム(キリスト生誕地)やヨルダンへの国境であるアレンビー橋へはここから出発する。門を入ったところはムスリム地区なのでこの辺りは白いベールをつけたイスラム教徒が多い。

エルサレムでは兵隊をよく見かける

エルサレムでは兵隊をよく見かける

エルサレムの城壁の中は迷路のように細い道が張り巡らされ、さまざまなお店が並び探検するのが楽しい。道が碁盤の目のように直交しているので、モロッコのフェズ、マラケシュなどに比べれば歩きやすい。こんな細い路地でも、アラブ人の聖域、岩のドームを取り巻く付近に、このような兵隊や、写真では見られないが警官がたくさんいた。兵隊はマシンガンで武装している。

(写真拡大可)


聖墳墓教会(ゴルゴダの丘)

聖墳墓教会(ゴルゴダの丘)

イエスが十字架に架けられたゴルゴダの丘といわれる場所が、聖墳墓教会の中ににある。正面から入ったら右手に2階へ上がる急な階段があり、そこを登ったところ。ゴルゴダの丘は旧市街の外の丘だろうと思っていたが、教会の建物の中にある。ゴルゴダの丘については別の説もあり、それはエルサレムの城壁の外にある。欧米の団体ツアー客で一杯だった。

(写真拡大可)

聖墳墓教会(イエスの墓)

聖墳墓教会(イエスの墓)

イエスの墓、大理石で覆われている。列ができているが、この中に入ることができる。ろうそくも模様が入っていてものすごく大きく、圧倒される。

(写真拡大可)

イエスの墓(内部)

イエスの墓(内部)

入口をくぐった中、ろうそくの立てられたテーブル状の石があり、さらにその奥に腰をかがめないと入れないくらいの高さの入口がある。みんなが触るためと思われるが大理石の表面の彫刻はほどよく磨耗してツルツル。バチカンの聖堂内の聖ペテロ像の足やサンティアゴ・デ・コンポステーラの聖堂の栄光の門の聖ヤコブ像のある柱の根元と同様である。

イエスの墓(祭壇)

イエスの墓(祭壇)

腰をかがめて入った中がイエスの墓で小さな祭壇がある。非常に狭い空間で、1度に大人が3人くらいしか入れない。よって、入口に列ができ、順番に入っていくことになる。クリスチャンの中には棺のふたらしき大理石にキスをしていく人もあった。スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラの聖堂で祭壇の聖ヤコブ像の背中(祭壇の横から聖ヤコブ像の背後へまわることができる)にキスをする光景をすでに見ていたので、それほど不思議とは思わなかった。

(写真拡大可)

ベツレヘムの生誕教会

ベツレヘムの生誕教会

ヨルダン川西岸地区のベツレヘムへは、ダマスカス門そばのアラブバス・ターミナルからアラブバスに乗る。途中、検問所を通ったり、国連を示す「UN」の文字の入った車を見たりして、パレスチナエリアであることを実感させられる。天井から吊り下げられた香炉が印象に残った。香炉というと、サンティアゴ・デ・コンポステーラの聖堂のミサで大きな香炉(ボタフメイロと呼んでいた)をブンブン振っていたのが最も印象に残っている(このミサは必見)。他には、ウィーンの王立礼拝堂の有名な少年合唱団の賛美歌が聞けるミサで自分のそばで振ってくれた香炉も大きさは片手で持てる小さなものだったが良かった。

(写真拡大可)

イエス生誕の場所へ

イエス生誕の場所へ

上の写真の祭壇の脇から地下に入るとイエスの産まれた場所がある。これは、そこへ行く入口。ここの中も狭く、入口には行列ができる。団体観光客の大型バスが駐車場にたくさん停まっていて、タイミングが悪いと団体のツアーの長い列の後ろになってしまい、イエス生誕の場所にたどり着くのに苦労する。

イエスはここで産まれた

イエスはここで産まれた

イエスは馬小屋で産まれたと聞いているが、そんな感じはない。大理石でしっかり囲われていて、大きさとしては暖炉のような感じ。やはり、クリスチャンの多くは「はいはい」の格好で頭を突っ込み、星型の金属プレートにキスをしていた。



 Homeへのボタン Next Button

[Back] [Home] [Next]