2001.08.02旅行


 日本航空のJALマイレージバンク(JMB)でためた2万マイルを使ってブラックアウト(無料航空券が使えない期間)になる直前に台湾へ行くことにした。JMBでは、日本国内でストップオーバー(24時間以内の目的地へ向かう途中での滞在)が可能で、片道最大3区間までOKである。台湾へはJALの子会社で金城武、志村けんのCMでおなじみのJAA(日本アジア航空)で行くことになるのだが、那覇→台北というフライトがあるので、まず、羽田から那覇へ向かい1泊することにした。今までに成田、関西空港から出国したことはあったが、那覇空港から出国したのは初めてであった。スタンプは、通常NARITA(1)とか書かれている部分が"NAHA A.P." となっているスタンプであった。
 2回目の沖縄で、今回も農連市場のモーニング・ステーションの金城おばさんのところで朝食を食べた。農連市場は、NHKドラマ「ちゅらさん」のロケにも使われたそうで、有名な牧志公設市場のさらに奥にある、まだ牧志ほど観光化されていない市場。


  東南アジアでよく見かける台湾発のジュース・茶・ミルクスタンド。今でこそ横浜中華街でもおなじみのパール(珍珠)ミルクティーは台湾が発信地らしい。日本進出1、2号店は那覇で、8月9日、3号店が池袋ロマンス通りにオープン。沖縄店で300円のものが、東京では400円である。メニューは沖縄店と同じで、沖縄ならではの紅芋、シークワーサなども東京店で飲むことができる。1枚目は日本語、2枚目は中国語のメニュー。

日本語メニュー

中国語のメニューもある

46カ国に進出しているそうだ

よくできたサンプル

 


 ゴーヤ・ジュースとかは苦くてちょっとという感じだが、卵や肉などと油炒めをすると苦さも気にならなくなる。国際通り沿い、市場通り入口そばの「ぐるくん」で真夜中に食べた。ゴーヤ・チャンプルー定食650円であった。

 


 農連市場内で朝食がとれるお店 営業時間2:00〜15:00。
 ヘルシー定食300円。4枚目の写真のお粥はボロボロジューシー(ジューシーは混ぜご飯という意味)。5枚目の左が金城さん(沖縄では宮城さんとか城のつく姓が多い)。かつては国語教師を、今は町会議員をやっているタフなおばさん。

農連市場入口にシーサー 市場内 手書きのメニュー 梅干しもある 左が金城さん ヘルシー定食

 


 屋根の上にシーサー、通りの辻に石敢當を見かける。共に魔除け・災難除けの役目のようだ。

   

 


 沖縄の市場は、アジア(または中国)の市場という感じである。海鮮コーナーの魚の名前や熱帯の色鮮やかな魚がいたり、3枚目のアサヒガニのように変わった形のカニにも出会う。精肉コーナーでは、豚の顔の皮がゴロンと転がっていたり、内臓や足の山が見られる。青果コーナーでは、香港、台湾、東南アジアで見かけるトロピカルフルーツが並ぶ。TVの収録をやっていた。2階には食べ物屋が並び、ソーキそばとサーター・アンダギー(揚げドーナツ、中国にも似た菓子がある)を食べた。


 沖縄で有名なアイスクリーム屋 ブルーシール・アイスクリームでは紅芋ソフトクリームが有名だが、シークワーサ−・シャーベットを食べた。さらに土産物屋には様々な沖縄限定菓子を見つけることができる。ゴーヤ・チャンプルー味のカールなんていうのもある。2年前に来たときには見かけなかった。

 


 国際通りは那覇で最もにぎやかな通り。深夜も車が多い通りである。ところで、沖縄には鉄道が走っていないので駅がない。だからかどうかは知らないが駅前留学で有名な英会話学校は見かけず、別の英会話学校が国際通りにあった。ある銀行では発行1周年の2000円札について以下のようなポスターが貼ってあった。

 


 日本アジア航空(EG291)で那覇から台北へ向かう。東京と比べれば台湾はすぐそこという感じで、15:00発で1時間25分後の現地時間15:25に台北に到着する。看板は日本語と中国語の2ヶ国語表記。台湾の入国に必要な書類は、とても大きい。税関関係と健康状態についても質問がある。


Homeへ (C) Copyright 1998-2001Nobuo Namekawa All rights reserved.