更新 01/05/16


 中国は四川省の省都である成都へ行った。ここは、三国時代の劉備が治めた「蜀漢」の都であり、諸葛亮孔明の祠堂である「武侯祠」がある。歴史が好きな自分が最も行きたかったのはここであったが、第2の目的は活き活きとしたパンダを見に行くことであった。
 成都動物園でもパンダは見れるということであったが、パンダが目的だったら、街からは遠くなるが成都パンダ(大熊猫)繁育研究基地の方がいいというアドバイスを受け、こちらに行くことにした。
 おりやガラスに囲まれ窮屈な思いをしているパンダと違って、広い敷地でのびのびとしたパンダを見ることができ大満足であった。木の上でくつろぐパンダ、木からスルスルと器用に降りるパンダも見ることができた。
 ジャイアント・パンダは中国語で大熊猫。「では、小熊猫は?」というと帽子型のぬいぐるみで最近話題になっているレッサ−パンダの事。繁育基地ではレッサ−パンダも見ることができる。


おりやガラスはなく、堀で仕切られている。
繁育基地
クリックすると大きな写真を別ウィンドウで見ることができます。
見た後は適宜ウィンドウを閉じてください。

成都大熊猫繁育研究基地
極楽!極楽!
さ〜て降りるぞ
竹に囲まれて
2匹並んで
バキバキむしゃむしゃ
水呑み こっち来いよ 2匹仲良く食事
う〜ん コロコロした体 おとぼけ
いい気持ち
「いい湯だな」(湯じゃないけど)
パンダのうなじ
たれパンダ(その1) たれパンダ(その2) 話題のレッサ−パンダ


壁紙用画像(600x800 or 800x600)を用意しました。
ダウンロードに時間がかかりますのでご注意ください。

002b: 105KB 003b: 104KB 006b: 76KB 013b: 96KB 018b: 72KB
極楽!極楽! さ〜て降りるぞ バキバキむしゃむしゃ いい気持ち 話題のレッサ−パンダ


 Topへ Topへ