Ferrari, Ayrton Senna(2)
−Maranello, Imola−

更新 01/02/10  旅は2000年11月


アイルトン・セナ モニュメント (イモラ)

 マラネッロ(Maranello)から、サンマリノに向かって100kmほど南東へ行くとF1サン・マリノGpが行われるイモラ(Imola)サーキット。サン・マリノ共和国にあると思っていたが、実はイタリア。サーキットという言葉はイタリア語ではAutodromoといい、Autodromo Enzo e Dino Ferrariという名前からフェラーリのホーム・グラウンドということがわかる。
 1994年のF1レース中にアイルトン・セナ(Ayrton Senna)が事故で亡くなったサーキットでもある。Tamburelloコーナーで事故にあった彼のモニュメント(星で示した)があり、そこを訪れることにした。

 アイルトン・セナのモニュメントへは迷ってしまった。(イモラサーキットに着けばすぐわかると思った)イモラサーキットまではAutodromoの文字やレース・カーの図の標識を頼りに行けばよいのだが、川を渡りRivazzaの辺りで迷った。Variante AltaからPiratellaの間に公園があり、犬の散歩をしていたおじさんにアイルトンセナのモニュメントへの道をゼスチャーとメモ帳に書いて教えてもらい(英語は通じない)無事たどり着くことができた。旅の必携品となっているメモ帳だが、この時も役に立った。モニュメントは、Parco delle Acque Mineraliという公園の敷地内にあり、門からは100mほど直進し、コース側(左)にある。帰国後、Pan Cottonさんのイモラ・サーキットの図を見て、自分の走ったルート(青)を思い出し書き加えたのが以下の図である。モナコに行ったときも思ったが、F1のコースはTVで見ているよりも意外にアップダウンがきついということだ。TosaのヘアピンからPiratellaへは、かなり急な坂道になっている。最後の写真はTosaコーナー、所々隙間からコースをのぞくことが可能。

 以下のサーキットの図は、F1観戦ガイドのHPを作られているPan Cottonさんから提供していただいた図を元に私が加筆したものである。

 海外でF1観戦をしようと考えている方には便利なサイト 
 Pan Cotton
  http://village.infoweb.ne.jp/~f1kansen/F/index.html




Back Home  イタリアトップへ