2001.02.12作成

2000.11.19〜11.28

AZ(アリタリア航空) 7000番台はコードシェア便で機体はJAL。よくあるヨーロッパ内2フライトの他に、イタリア国内線が5フライトまで同料金でつけられるチケットだったので北から南まで激しく移動した。
ホテルは、全部1泊ずつでしかもすべて現地に行ってから探したり、レンタカーをボローニャ、シチリアのパレルモと1回の旅行で2回使用したりとなかなかハードな旅行だった。

 

スケジュール 内容 宿泊
11/19(Sun)

AZ7787 NRT 13:30−MXP 18:00
AZ 314 MXP 20:00−CDG 21:30

アリタリア航空だが、成田からは
機体は日本航空でミラノへ、
乗り継ぎでパリへ
パリ
11/20(Mon)

AZ 359 CDG 18:05−MXP 19:40

パリで観光後、夜ミラノへ ミラノ
11/21(Tue) パヴィアの僧院、クレモナ、
パルマ
鉄道で移動
クレモナはバイオリンで有名
パルマは生ハムとチーズ
パルマ
11/22(Wed)

ボローニャへ そしてレンタカー
モデナ、マラネッロ、イモラ、
ラベンナ

マラネッロはフェラーリ本社
イモラはアイルトン・セナが
亡くなったF1サーキットがある

ラベンナ
11/23(Thu)

ラベンナ、サン・マリノ
21:00にボローニャ空港でレンタカーを返却、空路でパレルモへ
AZ1808 BLQ 21:35−PMO 23:00

ラベンナはビザンチン文化の
モザイクの街
サン・マリノは山の上の小国
パレルモはシチリア島の都市
深夜のホテル探しはちょっと苦戦
パレルモ
11/24(Fri)

パレルモからレンタカー
コルレオーネ、パラッツォ・アドリアーノ、シラクサ

パラッツォ・アドリアーノは
映画「ニューシネマパラダイス」
のロケ地(前回は犬に噛まれて
たどり着けなかった場所)
シラクサ
11/25(Sat) シラクサ、エンナ、ピアッツァ・アルメリーナ、トラパニ シラクサはギリシャとローマ劇場
ピアッツァ・アルメリーナは床の
モザイクが素晴らしい
トラパニはシチリア西端のマグロ
漁港の街、 かなり遠かった
トラパニ
11/26(Sun) トラパニからパレルモ空港でレンタカー返却
AZ1766 PMO 15:15−MXP 16:50
AZ1696 MXP 20:15−FLR 21:10
トラパニで
交差点で出会い頭衝突
イタリアで当たりや!
走行不能でレッカーで空港へ
フィレンツェ
11/27(Mon) フィレンツェ
AZ1680 FLR 17:00−FCO 18:00
AZ7788 FCO 20:25−
前回行けなかったメディチ家礼拝堂へ
ラ・スペーコラ(解剖学博物館)は
開館時間に間合わず見学できず
フィレンツェは空港までバスで10分
機内
11/28(Tue)
       −NRT 16:25

スチュワーデスにオーロラが見えそうだったら教えてくれるように依頼
幸いにオーロラを見ることができた

-

 

イタリアで当たりや!
 相手が白のルノー(最初の右の車は自分のではない)自分は青の韓国車で交差点を右から横切ろうとした。交差点の逆三角の標識からわかるように自分の方が優先度が低い(YIELD)のだが、私の言い分としては、びっしり路上駐車の狭い道でスピード出し過ぎていて停まれなかった相手にも問題はあると思うのと、路駐車でよく見えなかったために頭を出さざるを得なかったという点だ。 幸いだったのは、相手は普通の(マフィアじゃなくて)おじさんだったのとホテルのすぐそばでスタッフが通訳になって助けてくれたということであった。

自分の車は走行不能に
相手の車は軽傷

軽い事故でしかも日曜なので警察は呼んでも来ないとホテルの人に言われ、さすがイタリアと思った。 事故証明書をきちんと書けば保険金がおりるということで、指示に従って記入。

私は上に向かって進もうと思い、少し交差点に頭を出したところ、右からスピードを出したルノーがやってきた。右下がERICE HOTEL 。

レンタカー会社のハーツからレッカー車が到着、空港まで助手席に乗った。
事故が10時、出発が1時で、2時には空港に到着。(右下の写真:突き当たりは空港)
保険はちゃんとかけていたので、車をオシャカにしたものの損害はなかった。

 

ホームへ イタリアトップへ